記事一覧

エンポリオ アルマーニの人気バッグ「MyEA」

エンポリオ アルマーニ(EMPORIO ARMANI)から、アイコンバッグ「MyEA」の2021年秋冬シーズンの新作が登場。発売にあわせて、エンポリオ アルマーニ 銀座店を皮切りに全国9店舗のブティックでカスタマイズイベントを実施する。

エンポリオ アルマーニの「MyEA」バッグに2021年秋冬の新作

「MyEA」バッグは、2020年春夏コレクションに登場して以来人気を博すバッグシリーズ。ハンドル付きのシンプルなフォルムが特徴で、取り外し可能なショルダーストラップが付いているため肩掛けで持つことも可能だ。すべてのモデルに付属するポーチは、バッグインバッグとしてだけでなく、単体でクラッチバッグのように使用できる。

鮮やかなブルー&ワインレッド、ベージュの新色

2021年秋冬シーズンには、イミテーションレザーモデルの新色として、鮮やかなブルーとワインレッド、そしてあらゆるコーディネートにマッチするベージュを用意。

フェルト素材&ムートン調の“秋冬らしい”デザインも

さらに、フロント部分のエンポリオ アルマーニのブランドロゴが目を引くフェルト素材のモデルと、ボアのライニングで仕上げたムートン調のモデルも登場する。ムートン調のモデルは、付属のポーチも“モコモコ”のボアで仕上げられている。

発売にあわせてカスタマイズイベント実施

新作展開にあわせ、前シーズンで人気を博した限定カスタマイズイベントを全国で実施。エンポリオ アルマーニブティックおよびオフィシャルサイトにて購入した「MyEA」に、人気のイラストレーターが手掛けるカラフルなステッカーをカスタマイズして、自分だけのデザインを楽しめる。

ステッカーの種類は、アルファベットやイーグルマーク、ハートマークなど。さらに今回は、さらにブランド誕生40周年を記念した特別なステッカーが用意されている。
なお、バッグ本体だけでなく、インナーポーチへのカスタマイズも可能。バッグはシンプルに、インナーポーチでさりげなく遊べるのも「MyEA」の魅力だ。

ドルチェ&ガッバーナ×一生ものバッグ2選


エッジをきかせた斬新な提案で人気を博す、イタリアのラグジュアリーブランド『ドルチェ&ガッバーナ』。代表作「シシリー」は、上質を知り尽くした大人の女性たちから“一生もの”として支持される永遠のアイコン。
気分を高めたいデイリー、通勤、デート etc… 毎日のおしゃれを一歩進めてくれます。

ドルチェ&ガッバーナ×一生ものバッグ2選!
ドルチェ&ガッバーナ シシリー

ドルチェ&ガッバーナのアイコンバッグとして愛され続けている「シシリー」。モデルを象徴するフラップカバー、品格を感じさせるゴールドパーツ、凛とした存在感を放つトップハンドル……。

50代・60代になっても使えるタイムレスな魅力にあふれています。その人気の高さから、現在、サイズや素材ともに様々な“シシリー”が発売されています。

ドルチェ&ガッバーナ シシリー ソフト


名品「シシリー」を、より普段使いに適したやわらかな素材(写真はスエード)に変更した新定番。フラップカバーやトップハンドルといった「シシリー」を象徴するディティールはそのままに、厳選された生地をふんだんに用いて実現したエレガントなやわらかさが最大の魅力。

ボックスカーフ、スエード、ムートン…etc. 豊富な素材の中から自分に寄り添ってくれる相棒を見つけて。

シャネルTOP3

有名なカンボンラインのバッグを初め、可愛い系~コンサバ系まで幅広いラインナップも魅力のシャネル。
人気のバッグ♪
シャネルマトラッセバッグ

 【1位】マトラッセ 

オシャレなキルティングが特徴的なマトラッセバッグ。シャネルで1番というくらい有名で、人気も高いです。

シャネルマドモアゼルバッグ

 【2位】マドモアゼル 

縦に入ったステッチとCCマークが印象的。凛とした大人っぽさのあるバッグです。

シャネルバッグ3

 【3位】インザミックス 

キルティングとレザーをMIXしたデザインが特徴で、どんな着こなしにも合わせやすいです。

30代×シャネルで人気のバッグ3選

「古い価値観にとらわれない女性像」をポリシーとするシャネル。オートクチュール、化粧品、ジュエリー、腕時計に至るまで幅広いアイテムで成功を収めているトップブランドです。
オンラインストア | セカンドストリート|リユースショップ ブラン
30代×シャネルで人気のバッグ♪
シャネルバッグ1

【マトラッセ】シャネルの定番として流行に左右されず愛され続けるバッグ。キルティング加工の美しいデザインが上品な印象を与えます。

シャネルバッグ2

【カンボンライン】王道のキルティング×アイコニックなココマークが目を惹くバッグ。今では定番シリーズの1つとして数えられるシャネルの代表作です。

ケイトスペード(kate spade)TOP3

【何とでも合わせやすいシンプルめ♪】
コスパが良くて、幅広い年代の女性から支持されるケイトスペード。キーケースは「レザー+ロゴ」などシンプルなデザインが多いです。

ケイトスペードキーケース1

シンプルで毎日使いに最適な人気シリーズ「CEDAR STREET」の6連キーケース。素材はキズが付いても目立ちにくいサフィアーノレザー。
 
ケイトスペードキーケース2

キュートなリボンが付いた可愛いシリーズ「RENNY DRIVE」の小銭入れ兼キーケース。素材は肌触りの良いソフトなレザー。背面にはIDケースや定期入れに便利な、中身が見えるウィンドウ式カードポケット付き。

ケイトスペードキーケース3

光沢のあるボディにドットプリントがされたフェミニンな「LILAC STREET DOT」の小銭入れ兼キーケース。甘すぎない遊び心を感じさせるデザインです。

人気のバッグ♪—クロエ

クロエは革を使ったバッグで人気が高い、フランスの高級ファッションブランドです。
お出掛け・外出にはもちろん、カッチリとしたシーンにも使える、そんなバッグが揃っています。
人気のバッグ♪
クロエマーシー
フェラガモ ベルト 偽物
 【1位】マーシー 

上品でいてオシャレなマーシー。クロエの中でも有名で、愛用している方も多い定番モデルです。

クロエパラティ

 【2位】パラティ 

カジュアルめなスタイルにピッタリなパラティ。上質な革を使用しており、高級感も兼ね備えています。

クロエアリス

 【3位】アリス 

モダンなデザインが特徴のアリス。都会的、スマートなスタイルにマッチします。
こちらもオススメ♪

セリーヌ 新作メンズバッグ&レザー小物

セリーヌ(CELINE)から、アーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクター エディ・スリマンが手掛ける2シーズン目の新作メンズバッグとスモールレザーグッズが登場する。発売時期は、2019年7月より順次。

アネリ・サナイエ・ヘンリクソンとコラボによる“テレパシック ラブ プリント”

2019年ウィンターコレクションでも最も目を引く存在が、アメリカを拠点とするアーティスト、アネリ・サナイエ・ヘンリクソンとのコラボレーションアイテム。アイ(目)とリップ(唇)を組み合わせたアヴァンギャルドな「テレパシック ラブ プリント(TELEPATHIC LOVE PRINT)」を、バッグとスモールレザーグッズにあしらった。

ラインナップは、バックパック、ウォレット、カードケース、クラッチバッグなど。カラーはブラックとホワイトの2パターンを展開する。なお、ホワイトはウィメンズ展開店舗での取り扱いとなる。

バッグ

「カータブル(CARTABLE)」は、2019年春夏コレクションで登場した、学生カバンから着想を得たバッグ。

今シーズンの新作では、サイズが薄くなり、ラップトップを入れるのに最適なサイズで登場する。スリムになった上、取り外し可能なショルダーストラップが付属しているので、持ち運びもシーンにあわせて楽々。南京錠のディテールがデザインのポイントとなっている。

また、今シーズンは、フランス出身でベルリンを拠点に活動するアーティスト、ダヴィド・オミナル(David Hominal)とのコラボレーションによるモードなデザインがラインナップする。

30代×エルメスの人気バッグ♪—エルメス(HERMES)


誰もが憧れるクラス感と上質感をもつエルメスは、年齢を問わず”女性の憧れ”として存在し続けるパリ発祥の老舗ブランド。バーキンやケリーは”一度は持ちたい一生物の高級バッグ”と言われています。
エルメスバッグ1

これ欲しい♪

【バーキン】世界の女性を魅了し続けるエルメスの定番のバッグ。中でもブラックやゴールドカラーはファーストバーキン(初めてのバーキン)として絶大な人気があります。

エルメスバッグ2

これ欲しい♪

【ケリー】女性らしい可憐なフォルムの中に、エレガントな雰囲気を持ち合わせるケリー。「究極の美」と称されバーキンと並ぶ代表的なバッグの1つです。
エルメスバッグ3

これ欲しい♪

【ボリード】女性らしい丸みのあるフォルムが印象的なボリードは、世界初のファスナーバッグとして発売されたバッグ。ショルダーストラップやポケットなど機能美にも溢れています。

靴のヒラキ


ヒラキや「いい靴を安く」をテーマにレディースからキッズまで、リーズナブルなシューズを展開している日本の老舗靴メーカーです。

年齢層は高校生・大学生~主婦の方まで幅広く、最近は「STEADY.・Seventeen・すてきな奥さん」など雑誌掲載も多くなってきました。

履きごこちふわふわのスリッポンスニーカー。足を優しく包み込むふかふかクッションでとっても快適です。

シンプルながら製法にこだわったキャンバススニーカー。衝撃を吸収し屈曲性の良い4層インソールと、型崩れしにくい厚手の3層キャンバス地を使用しています。

スポーツ~デイリーまで、機能性とデザイン性を両立させたスポーツニーカー。
軽量化に最大限努力しながらも、底に滑り止めゴムを使用することで地面をとらえやすく、スリットを入れて屈曲性の良さにもこだわりました。

ボリューム感のあるラウンドシルエット


ベースとなっている「BGA-280」モデルは、多層構造によるボリューム感のあるケースデザインが特徴。スポーティーでありながら、丸みを浴びたラウンド型シルエットを採用しているため、フェミニンなコーディネートにも合わせやすい。機能面も優れており、耐衝撃構造や10気圧防水機能を搭載している。
ウブロ

AGETE36YG時計 


年齢を問わず扱いやすい、女性らしいけれども甘すぎないデザイン。ケース内側には「ミル打ち風の装飾」が施されたジュエリーウォッチ。ソーラーパワーなので手入れも楽です。

ディオールの新アイコンバッグ「ディオール ボビー」がデビュー

ディオール(DIOR)の2020 フォール コレクションから、新バッグ「ディオール ボビー(DIOR BOBBY)」がデビュー。2020年7月16日(木)より全国のディオール ブティックおよび公式オンライン ブティックにて発売される。

ディオールの新アイコンバッグ「ディオール ボビー」がデビュー

「ディオール ボビー」は、マリア・グラツィア・キウリによる2020 フォール コレクションより誕生するメゾンの新たなアイコンバッグ。その名は、クリスチャン・ディオールの愛犬と、それにちなんでムッシュ ディオールが名付けた往年の同名アイテムへのオマージュが由来となってる。

というのも、ムッシュ ディオールは、毎シーズン出来栄えの良いスーツを“ボビー”と呼んでいたという。彼にとって、コレクション成功を期待する“特別な1着”に対する愛称でもあったようだ。

CDバックルを中央に据えた、レディライクな丸みシルエット

「ディオール ボビー」は、半月を想わせる女性らしい曲線のシルエットで、フラップ中央にマグネットクラスプのCDバックル、背面にシグネチャーの“30 MONTAIGNE”の刻印をあしらった。取り外し可能なショルダーストラップ付で、ハンドバッグ、ショルダーバッグまたはクロスボティバッグとして活躍する。

サイズは、スモール、ミディアム、ラージの3パターンを展開。カラーはブラック・ホワイト・キャメルのレザー、そしてネイビーの「ディオール オブリーク」キャンバスを用意している。好きなサイズやカラーから自分にとっての“特別なバッグ”を選んでほしい。

「ディオール ボビー」ができるまで

「ディオール ボビー」は、レザーグッズ製造の中心であるフィレンツェの地で、職人たちの比類なきサヴォワールフェールによって生み出される。上品なグレインとシルクのように滑らかな感触のボックスカーフスキンは、型紙を用いてカットされ、切り取られたパーツは、1点1点縫製される。

背面にあしらわれるシグネチャー“30 MONTAIGNE”の文字は、同系色のエンボス加工によるもの。バッグのラウンドフォルムを強調する、バックルの“CD”のイニシャルもまた、職人の手で丁寧に取り付けられている。

N.ハリウッド×ニューバランスのスニーカー「ML850」米海軍のライトから着想のレスキューオレンジ

N.ハリウッド テストプロダクト エクスチェンジサービス(N.HOOLYWOOD TEST PRODUCT EXCHANGE SERVICE)とニューバランス(New Balance)がコラボレーションしたスニーカー「ML850」が、2020年4月4日(土)に発売される

コラボレーションシューズの「ML850」は、1996年に登場したランニングシューズがベース。オリジナルと同様に、サポート性を実現するウェビングテープや、衝撃吸収材のABZORB、クッション材C-CAP、フルグラウンドコンタクトソール、安定性を高めるROLLBARを搭載している。

コラボレーションモデルの大きな特徴は、シリーズ初となるレスキューカラーのオレンジアッパーをはじめとする、目を引く配色。アメリカ海軍が緊急時に使用するストロボライトからインスピレーションを得ている。

また、シューホールの数を減らし、リフレクター効果のあるイエローとオレンジ2色のシューレースを採用。さらに、半透明のアウトソールやブルーのROLLBAR、トップに透明なTPU素材をレイヤーにしたタンなど、異素材を組み合わせ、アイキャッチに仕上げている。つま先横にはミルスペックをプリントし、ミリタリーなアクセントをプラスした。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ